MENU

セブから行く大人気「ナルスアン島」の魅力を徹底解説

近年、徐々に人気が高まってきている観光地にセブがあげられます。セブの中でも、市内から日帰りで行くことができる、「ナルスアン島」はとても人気が高い島となっています。

ナルスアン島は非常に透明度の高い海があるため、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティをやりたいという方が他の島をめぐるアイランドホッピングツアーで訪れるのにぴったりな島です。

今回はそのナルスアン島について実際に訪問した体験記を交えながら説明をしたいと思います。もしセブ島に行かれる人がいたら参考にしていただけると幸いです。

目次

ナルスアン島の基本情報を解説! 

そもそもナルスアン島とはどんな島なの?というと、ナルスアン島はセブ島から南に位置してる、とても小さな島となっています。

セブ市内からも近いので、後に紹介する別の島と合わせてアイランドホッピングを日帰りで楽しめる人気のスポットとなっています。

あわせて読みたい
【2024年最新版】セブ島アイランドホッピングに行こう!手つかずのビーチの島と無人島をめぐる旅 セブ島旅行の楽しみ方はさまざまですが、人気のあるアクティビティの一つにアイランドホッピングがあります。 フィリピンには7000を超える島々が存在しており、その中に...

ナルスアン島に行くには?アクセスを紹介します 

それではどうやって実際にナルスアン島に行くのかを説明します。ナルスアン島にはセブ市内またはマクタン島から出発するボートで約1時間程度の乗船でナルスアン島に到着することができます。

セブの港からは「バンカーボート」という、フィリピンの伝統的なボートでナルスアン島へ行くことが可能です。

現地に行く前にセブ市内からのツアーや個人での予約をすることが可能ですので、事前に予約をしてから旅行にいくことをおすすめします。

ナルスアン島ってどこにあるの?ナルスアン島の場所を説明します。

基本情報でも紹介しましたが、ナルスアン島はセブから南西方向に位置していて、マクタン島のすぐ隣にあります。

ナルスアン島周辺の海域は、広大なサンゴ礁に囲まれており、海中は色とりどりの魚たちで溢れているので、豊かな自然を感じることができます。

そのため、ナルスアン島には特にマリンスポーツ(パラセーリングやシュノーケリング、ダイビングなど)を目当てに訪れる観光客の方が大半です。

ただ、島自体もそこまで大きくはないので、ヒルトゥガン島やソルパ島などと一緒にアイランドホッピングの一島として日帰りコースに組み込む旅行客の方も多くみられます。

ナルスアン島への行き方とは?2つの方法を解説!!

①現地ツアーで行く(初心者向け)

ナルスアン島の行き方で一番メジャーな方法は、現地ツアーに参加して訪れるのが最も一般的です。現地ツアーはセブ市内ではマクタン島から多くのツアーが組まれており、その中には日帰りのツアーもありますので非常に便利です。

ナルスアン島だけではなく、セブの島々を一日を使ってアイランドホッピングをするというツアーも人気が高いようなので、時間と相談の上体験するのもいいかもしれません。

また、セブのツアーの多くは基本的に食事や島のガイド、ツアーによってはアクティビティも含まれています。そのためツアーの予約をすれば基本的には自分自身で何か追加で予約をしたりする必要がありません。

②自力で行く(上級者向け)

もし仮にツアーではなく自力でナルスアン島に行くと決めた場合は、英語力と交渉能力が必要になってきます。まずは、移動手段であるボートを現地でチャーターする必要があります。

船の手配さえ終わってしまえば、後はマクタン島から直接ボートで向かえば OK です。個人のチャーターはツアーと違い、時間の制約などなく自由度が高いのがメリットですが、英語での価格交渉やスケジュール調整が必要になるため難易度は非常に高いと考えられます。

例えば現地に友人・知人などがいてコネクションがあったり、セブに何度も行っていて慣れているなどの場合には一考してみるのもいいかもしれません。

実際の船の手配について

それでは実際のチャーター方法について紹介します。選択肢は2つあります。

まず1つ目は出発地であるマクタン島の港で直接交渉をする方法です。

そして、2つ目は事前に宿泊しているホテルや旅行の代理店を通して予約するという方法となっています。

難易度としては1つ目の方が高いですが、現地交渉ですのでやり方次第では価格が抑えられる可能性もあります。ホテルや旅行代理店で相談する場合でも料金は交渉次第で変わることが多いので、事前に相場を調べておくと良いでしょう。

もし、現地に友人がいれば尋ねるといいですが、もしいない場合にはリアルな情報はXやFacebookなどから情報を入手するのをおすすめします。

入島料や道具レンタルの注意点

ここで一点注意点があります。ナルスアン島は海洋保護地区となっており、入島料が設定されています。

そのため入島料を支払わないと島に入ることができません。料金は1人当たり300ペソ(上陸・シュノーケリング)もしくは150ペソ(ダイビング)を支払う必要があります。(2024年5月時点)

※もしツアーで行っている場合にはツアーのガイドの人が集金してくれるので、そこに関してもツアーは安心です。

ただお金を渡す際に大きいお金を渡すとお釣りがなく返ってこないことがあるので金額には気を付けましょう。

また、現地の楽しみの一つでもあるシュノーケリングやダイビングの装備は島でレンタル可能です。料金はアクティビティによって異なりますが、一般的な観光地よりもリーズナブルな価格帯となっています。

結論:ツアーを利用すれば楽にセブ観光が楽しめる

先ほどもお伝えしましたが、現地ツアーを利用すればガイド、移動、アクティビティ、食事などが全て準備してもらえます。入島に関する手続きも対応してくれるので初訪問の方でも何も心配することなく楽しむことができます。

特に初めての観光や英語に不安のある方にはツアーはおすすめです。私も初めていったときはツアーで行きました。英語力に自信がない私でもセブはツアーが充実しているので安心して楽しめるのが魅力の一つです。

また現在、セブに行く前に事前にインターネットからツアーを予約できる予約サイト(KK Dayなど)もありますので日本にいる時に事前に予約するのもいいかもしれません。

ナルスアン島の楽しみ方・過ごし方

ナルスアン島の魅力は、透明度の高い海です。シュノーケリングでは色とりどりの魚や珊瑚が観察でき、ダイビングを通じてさらに海の美しさを体験できます。

さらに、浅瀬のビーチは家族連れや泳ぎが苦手な人にも安心して海水浴を楽しむことができるのも、ナルスアン島の魅力の一つです。

ハンモックでのんびり過ごしたり、海上レストランで新鮮なシーフードを味わうこともおすすめです。さまざまなマリンスポーツも楽しめ、充実した島の一日を過ごすことができます。

シュノーケリングでカラフルな魚と触れ合いたい!

ナルスアン島の透明度の高い海は、水中に別世界が広がっています。色とりどりの魚や珊瑚が間近で観察できるため、ナルスアン島では日本ではなかなか体験できない、目の前に無限に広がる透明な海ときれいな魚たちを1日中楽しむことができます。

また、シュノーケリングはナルスアン島のメインアクティビティの一つで、初心者から経験者まで幅広く楽しめ、人気のアクティビティとなっています。

特に私のおすすめは、水中にも対応しているGoProを持って行って魚や海を撮影することです。カラフルな魚たちが目の前を泳ぐ様子が撮れるのでセブを訪問した良い思い出が作れます。

ダイビングでナルスアン島の本当の魅力を知る!

シュノーケリングもとても楽しいアクティビティですが、ナルスアン島の海の魅力をより深く知るには、ダイビングがおすすめです。

ライセンスがないよーという声もあるのですが、心配しないで大丈夫です。セブには体験ダイビングコースもあるので、ライセンスがない方でも問題ありません。

実は私はまだダイビングが体験できていないのですが、次回の訪問時には体験したいアクティビティNo1です。

ナルスアン島は海洋保護区域のため周辺の海域は、見応えのあるサンゴ礁や多彩な海洋生物がいます。ありのままの自然が感じられるため、日本では想像できないような体験ができます。

あわせて読みたい
マクタン島のダイビングスポットを完全解説!プロダイバー監修 マクタン島はダイビングスポットとして、世界的に有名な島です。透明度の高い海と美しい海洋環境に魅せられて、リピーターダイブする人も多いんですよ。 そんなマクタン...

遠浅のサンドビーチでまったり過ごす

ここまで泳いで海中の魅力に触れるという部分を紹介しましたが、ナルスアン島には実は浅瀬のビーチが広がっています。

泳げないのでダイビングやシュノーケリングは苦手・・、ゆっくりと海水浴を楽しみたいなと思っている方やお子様がいる家族連れにも安心です。

この島の浅瀬は非常に穏やかなので、水泳が得意でない方や水に慣れていない小さな子供たちにも安心して楽しめます。広々としたビーチは砂浜で覆われており、ビーチバレーや、ピクニックなど、様々なアクティビティに最適です。

また、ビーチ沿いにはパラソルやリクライニングチェアが設置されており、ゆったりとした時間を過ごすのに欠かせない設備が整っています。

ハンモックでゆらゆらと至福の時を・・

ナルスアン島の特徴の一つといえば、島の至る所にハンモックが吊るされていることです。ハンモックなんて、ヤシの木と一緒にあるだけでThe南国という気分になりますよね。

ナルスアン島ではセブの暖かい機構と心地よい海風にあたりながら、揺れるハンモックに寝転がって穏やかな海風を感じて、時間を忘れてゆっくりと過ごすことができます。

まさに最高のリゾート地ですね。ナルスアン島がセブの島々の中でも人気があるのも理解できます。

もちろん写真撮影にもぴったりなので、お気に入りのハンモックを探して友人と一緒に写真を撮るなんて言う楽しみ方もありかもしれません。

海上レストランで極上の海の幸をビュッフェ形式で食らいつくす!

よく海外の島に行って聞くのが「ご飯探しに困った」だったり「想像していたよりおいしくなかった」という声です。

ですが、セブは海産物が豊富に取れるため、海の幸が非常においしく味わえるので安心してください。ナルスアン島では、海の上に設置されたレストランで新鮮なシーフードを含むビュッフェが楽しめます。

基本的にはビュッフェ形式となっており、現地で取れた海老やカニ、貝(豚肉、鶏肉もあります)などを食べながら島の雰囲気を味わうことができます。

デザートには南国気分をさらに盛り上げるマンゴーやバナナなどもそろっており大満足の食事がとれること間違いなしです。

Instagram用の写真撮影もかかせない

なんといっても旅行の楽しみの一つは写真ですよね。私も旅行に行ったら毎回100枚以上の写真を撮って毎回フォルダがパンパンになっています。

そしてこのナルスアン島は写真撮影のスポットとしても絶好の島になっています。

ビビッドブルーの海や白い砂浜、ヤシの木やハンモック、海上レストランなど・・トロピカルな景観が見渡す限りにあるので、何枚でもInstagramに映える素晴らしい写真が取れるはずです。 私も初めて訪問した時はシャッターが止まりませんでした。

お勧めはやはり島の入り口のナルスアン島と書かれたモニュメントと一緒に撮るのが定番だと思います。

水上コテージで非日常を体験!

島には水上コテージがあり、そこでリラックスすることができます。

17室限定の、ナルスアン アイランド リゾート アンド マリーン サンクチュアリ(Nalusuan Island Resort and Marine Sanctuary)ホテルで一日をゆっくり過ごすのはまさに最高のセブの思い出となるはずです。

朝は波音で目覚め、夕方は夕日を眺めて、夜は満天の星空に思いを寄せる。ここで過ごす一日はそんな極上の一日となります。

部屋タイプは3つで、デラックスタイプ・ファミリータイプ・水上式タイプとなっています。

どの部屋に泊まってもホテル予約者には送迎ボートやアクティビティの手配など嬉しいオプションがあるのでナルスアン島訪問の際は宿泊を検討するのもいいかもしれません。(別途料金が必要となります)

マリンスポーツでアクティブに遊ぶ!

セブといえばやはりマリンスポーツですね。ナルスアン島にも楽しい水上アクティビティがたくさんあります。

パラセーリング、バナナボート、シーウォーカー、ジェットスキーなど、どの年代の方でも満足できるアクティビティが揃っています。円安の影響で値段が高くなってきていますが、それでもほかの観光地よりは安く遊べるのではないでしょうか。 

パラセーリングで空からナルスアン島を楽しむ!

セブの澄んだ青い空からの絶景を楽しみたいなら、パラセーリングがおすすめです。空から見るナルスアン島の美しさは格別です。

150mまで上昇してナルスアン島を見下ろすことができて、運が良ければナルスアン島だけではなく、セブの島々まで見ることができる、そんなアクティビティはパラセーリングだけです。

時間としては20分程度のアクティビティですが、非常に体験する価値が大きいアクティビティです。事前予約か現地予約にするかなどによっても異なりますが、相場としては9000円程度となっています。

あわせて読みたい
セブ島パラセーリングは絶対試したいアクティビティ!その魅力とは セブ島のアクティビティとして、パラセーリングはとても人気があります。 美しいセブの自然を空中からゆっくり眺めることができるのがパラセーリングです。セブ島旅行を...

バナナボートで友達を思い出を共有する

空がパラセーリングなら、グループでアクティビティで楽しめる海上のアクティビティのバナナボートもおすすめです。疾走感と波の上を滑る感覚を味わえる楽しさは一度体験すると忘れられません。

バナナボートは最大8人まで乗れる物が多いので、グループで楽しめるのが最大のメリットです。もちろん友達同士・恋人と体験するのもいいと思います。こちらも大体20分程度で、およそ9000円程度となってます。

パラセーリングと違い、台数1に対して人数割りができるので、コストパフォーマンスが良いですね。

シーウォーカーで一風変わった思い出作り

泳ぐのが苦手・・そんな方にはこのアクティビティをおすすめします。

まるでお海の中を歩いているような体験ができるシーウォーカーは、特殊なヘルメットを装着して海中を散歩することができます。海の中を歩く、つまりSeaWalkerですね。

日本では沖縄などで体験できますが、セブの水中の世界は別格です。30分前後のアクティビティですが、料金は7000円程度でこちらも事前予約はできます。

当日ナルスアン島に到着してからフィーリングで選ぶのも楽しいですが、訪問する前にどのアクティビティをやりたいか決めておくのが一番ベストだと思います。

あわせて読みたい
セブ島シーウォーカーでカラフルな熱帯魚に会いに行こう! セブ島の海洋環境は海中から観察するのがベスト! とは、分かっていても、泳ぐのが苦手とか、着替えや準備がめんどうくさい…メイクも落とさなきゃいけないし… なんて思...

ジェットスキーでセブの海を疾走!

これぞ、マリンスポーツの代名詞ですね。ジェットスキーはマリンスポーツが好きな人には欠かせないはずです。スピード感溢れるジェットスキーで、海上を駆け巡る爽快感は、セブでの忘れられない思い出になるはずです。

ちなみに、ライセンスなどは必要がないのでその点はご安心ください。また、ジェットスキーは島内の施設でレンタルすることができます。料金は、時間単位で設定されているので、スケジュールに合わせて自由に選べるのも好ポイントです。

時間をうまく調整して、全部のアクティビティを体験するのを目指すのもいいですね。 

あわせて読みたい
セブ島でのジェットスキーは免許なしで運転可能!その魅力と注意点 セブ島に行くならぜひ体験したいのが、さまざまなマリンアクティビティです。中でも、ジェットスキーは、免許なしで運転できるという大きなメリットがあります。 どこま...

ナルスアン島のツアーの流れと料金について

ナルスアン島へのツアーは、基本午前中に出発して夕方には戻る、日帰りプランが一般的です。

ナルスアン島付近の島々を回るというツアーになるとまたスケジュールが変わってくるのでセブを訪問した際にどの島でどんなことをしたいのか事前に情報を集めておくといいと思います。

とはいえ、セブ島自体、フィリピンの島の一つであるようにそんなに広い島というわけではないので有名な島々をめぐるアイランドホッピングであれば数日のスケジューリングで大丈夫です。

ナルスアン島への料金はツアーに含まれるサービスによって異なりますが、おおよそ一人あたり5000ペソ程度です。

ナルスアン島のツアーの予約方法とは?

ナルスアン島へのツアーの予約方法は、複数あります。オンライン予約、現地ホテルのフロント、または地元の旅行代理店を通じて予約することもできます。

予約の際には参加者の人数、希望する日程、アクティビティの種類を明確に伝えることが重要です。

認識がずれていると、いざツアーが始まったとなった際に人数分ライフジャケットがない、集合予定の場所にツアーガイドがいないなどのトラブルの発生になりかねません。

また、オンラインでの予約では、様々な予約サイトがあるため事前にレビューを確認し、信頼できるツアー会社を選ぶことをおすすめします。

ナルスアン島の持ち物について解説

ナルスアン島への日帰り旅行では、セブの気候の特性やマリンスポーツを楽しむために以下のアイテムを持参することをおすすめします。

基本的には他のリゾート地や海外に行くものと変わりません。

  1. 日焼け止めと帽子
  2. 水着とタオル
  3. サングラス
  4. ビーチサンダル
  5. カメラまたは防水カメラ
  6. 着替えの衣服
  7. 小銭(入島料や小物購入用)
  8. 防水バッグ

セブは日差しがとにかく強いです。

男性で日焼けしたいといって何もしない方もいますが病気になるリスクがあるうえ、熱中症になる可能性もあるため必ず日差し対策はしましょう。これらのアイテムがあれば、ナルスアン島での一日を快適に過ごすことができます。

ナルスアン島観光の注意点5つ

ナルスアン島へ行く際の注意点についてご紹介します。

こまかいペソの用意は必ずしてください

ナルスアン島にも小さな売店や現地のお土産など購入できる場所がいくつかあります。そのため、小さな買い物や入島料のために小銭を用意しておくと便利です。

特に地元の売り子からお菓子や飲み物、お土産となるキーホルダーなどを購入する際に必要となることが想定されます。

注意点として、現地の方が返金用のお札を持っていない可能性があるため、大きなお金(お札)は基本的に利用できないと考えておいた方がいいでしょう。(宿泊ホテル、レストランを除きます)出発前に小銭の準備を忘れないようにしておきましょう。

盗難の可能性がありますので貴重品の管理は忘れずにしましょう

ナルスアン島では、貴重品を安全に保管することが非常に重要です。ナルスアン島に限らず、海外では貴重品の管理は日本以上に気を使ってください。

島内では防水バッグや貴重品用の小型セーフティーボックスを使用することをおすすめします。

そもそも、ツアーでアクティビティなどを予約した際には、お金を使う場面はほぼ出てこないので無駄な損失を出さないためにも、最低限のお金(現地のお土産代、入島料など)で出発しましょう。

お金よりも注意したいのはスマホやカメラなどです。ツアー会社の人に預けたという口コミも見かけましたが、基本的には身に着けるようにした方がいいです。

あわせて読みたい
セブ島の治安は大丈夫?旅行や留学で気を付けたい危険地域 セブ島に旅行や留学を考えている人にとって、まず心配なのが治安かもしれません。セブ島は世界的にも人気の高い観光地ですので、治安の安定にはフィリピン政府が注力し...

紫外線対策は超重要です!

熱帯地方での強い日差しは肌にダメージを与える可能性があるため、高SPFの日焼け止めを頻繁に塗り直し、帽子やサングラスで保護することが重要です。

これは1年を通してのことですので、日本のように12月だから問題ないということではなくセブに行った際には雨季でも日差し対策をしておくことをおすすめします。

何度も言いますが、とにかく、セブは日差しがとにかく強いです。男女問わず、熱中症や脱水症状になる可能性もあるため、必ず日差し対策は必ずしましょう。

乗り物酔い対策も忘れずにしましょう

ナルスアン島には船での移動となるため、乗り物酔いが心配な方は酔い止め薬を事前に準備、対策しておくことをお勧めします。

特に、スピードボートの種類によっては密閉された空間に波の上下運動が加わりジェットコースターに乗っているような感覚になります。私も開放的なスピードボートではなかったときにひどい思いをしたことがあります。

乗り物に強い方も念のためビニール袋を持っていくといいと思います。一度船酔いしてしまうと、もうそこは海の上なので、浮遊した感覚が相まって永遠と気分が悪い状態が続いてしまいます。

前日に一回、当日朝一回、乗る前に一回飲む位でちょうどよかったという友人もいましたので特に乗り物酔いにひどい方はご注意ください。

飲食物の持ち込み禁止となっているのかの確認もしましょう

一部のツアーでは、飲食物の持ち込みが禁止されている場合があります。

事前にツアー会社に確認し、必要な場合は島で食事を購入することができますので、現地でトラブルが起きないように事前の確認は必ずしてするようにしてください。

渡航前に確認すると思いますが、そもそもセブに持ち込んではいけないという飲食物もあるので、そちらもご注意ください。せっかくの楽しいツアーが飲食物で台無しになったら嫌ですからね。

とはいえ、面倒なので何も持って行かないとなると脱水症状になりかねないので、水分補給は必ずこまめにするようにしてください。

ナルスアン島の口コミについて

ナルスアン島には、透き通るような美しい海とカラフルな魚がみれることで多数のよい口コミが聴かれています。

特にシュノーケリングや海上レストランでの新鮮なシーフードビュッフェは絶賛されています。ただ人気が上昇中の島であるため、休日やピークシーズンには多くの観光客で賑わうので、混雑することがあり、事前の旅行計画をたてることをおすすめします。

しかし、全体的にみればナルスアン島を訪れた人は島の美しさとアクティビティの多さに満足しているという評価になっています。

ナルスアン島周辺の島々の紹介

ナルスアン島の周りにはセブの美しい島々があります。有名なのは、白い砂浜と青い海が魅力のパンダノン島です。

また、カラフルな魚とサンゴ礁が楽しめるヒルトゥガン島や静かな環境でリラックスできる小さな島、ソルパ島の合わせて3島があります。

パンダノン島 (Pandanon Island)

最初に紹介するのは、白い砂浜と青い海が特徴のパンダノン島です。セブにはナルスアン島のほかにも様々な島がありますが、このパンダノン島はナルスアン島を訪問の際に、組み合わせて訪れるのにぴったりな場所です。

アイランドホッピングでもナルスアン島+パンダノン島のセットでアイランドホッピングツアーが組まれていることが多い、人気の島となっています。

パンダノン島は特に穏やかな環境に恵まれている島のため、ピクニックや美しい景色の写真撮影にぴったりの島となっています。ツアー会社によってはフォトウェディングのオプションが用意されているほどです。

あわせて読みたい
パンダノン島へ行こう!天国に最も近い島への行き方と楽しみ方 パンダノン島は、フィリピンの島の中でも人気の高い観光スポットの一つです。そのニックネームは「天国に一番近い島」というのですから、ちょっと行ってみたくなりませ...

ヒルトゥガン島 (Hilutangan Island)

ヒルトゥガン島は、ナルスアン島と同じくカラフルな魚と美しいサンゴ礁で知られており、ダイビングとシュノーケリングのアクティビティをするのに人気の島となっています。

こちらもアイランドホッピングツアーでナルスアン島+ヒルトゥガン島でのアイランドホッピングツアーがセットになっているほど人気の島です。ツアー会社によってはナルスアン島+ヒルトゥガン島+パンダノン島セットで回るツアーもあります。

このヒルトゥガン島はセブの島々の中でもとくに海の透明度が高く、水中の景色を思う存分に堪能できます。

あわせて読みたい
ヒルトゥガン島に行こう!アイランドホッピングで大人気の島 ヒルトゥガン島は、セブ島のアイランドホッピングの中でも人気の島です。その理由の一つは、美しい海洋生物に出会える海洋保護区です。 セブ島からボートで20分の距離に...

ソルパ島 (Sulpa Islet)

最後に紹介するのが小さいながらも訪れる価値のあるソルパ島です。この島はほかの島と違い、リラックスした時間を過ごすのに最適な場所となっており、こじんまりとしたビーチと静かな環境が魅力となっています。

メインで訪問する島というイメージではなく、アイランドホッピングツアーの一部に組み込まれることが多い島となっています。

まとめ

ナルスアン島は、透明な海とたくさんのマリンアクティビティがある魅力的な島です。アイランドホッピングツアーを使えば周辺の島々も観光できるので、セブを満喫できるので、とてもおすすめです。

ぜひ、ナルスアン島の美しい自然を体験してみてください。きっと素晴らしい思い出となるはずです。以上、ナルスアン島の魅力についての徹底解説になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

セブ島在住者による観光ウェブマガジン

目次