MENU

セブ島の旅行費用はいくらかかる?航空機代から現地滞在費までを調査!

日本から直行便で約5時間と近く、美しいビーチリゾートとして人気のあるセブ島。旅行会社でセブ島パッケージツアーを調べてみると、4万円台から15万円台までとかなり幅のある設定になっています。

個人でセブ島旅行を企画したときに、航空券代は?ホテル代は?など現地でかかる費用も含めて旅費を調査していきます。

目次

セブ島までの航空券代はいくら?

セブ島までの航空券代は、シーズンや予約時期によりますが、直行便(エコノミー)で約3万円~15万円が多いようです。

セブ島までの直行便は成田からナショナルフラッグキャリアの「フィリピン航空」のほか、LCCの「エアアジア」「セブパシフィック」が就航しています。羽田からのセブ島直行便はなく、マニラ経由でのセブ島など乗継便になります。

フィリピン航空

フィリピン航空公式サイトを調べてみると、直行便エコノミークラスは8万円から15万円の間の設定が多いようです。

LCC

エアアジアのサイトを見てみると、片道ですが直行便最安値1.6万と破格な設定の日もありました。帰りの便も同じ値段が取れれば往復3万円代が可能です。

セブ島までの旅費を少しでも安くしたい!とお考えの方はマニラ経由などの乗り継ぎ便の検討や航空会社やチケットサイトのセールなどをこまめにチェックしてみるのも良いかもしれません。

ビザは必要?値段は?申請はいつするの?

30日以内の観光であれば、日本でのビザ申請は必要ありません。空港にて滞在許可がもらえます。ただし、往復チケットまたはフィリピン国外に出るチケットを所持していることが条件です。また、費用に関しても30日以内の滞在許可であれば無料となっています。

30日以上の観光ビザ(9A)に関しては、日本にあるフィリピン大使館で無料で取得することもできます。現地のショッピングモールでも1ヶ月の延長であれば3,130ペソ約6,500円で申請が可能です。

セブ島のホテル代は?

せっかくセブ島に行くならば、良いホテルに泊まりたい!や観光を楽しみたいからホテルは安くても大丈夫!と三者三様です。ドミトリーなどの格安ホテルから高級リゾートホテルまでどのくらいなのか、調べてみました。

ホテルクラス 料金

  • 5つ星ホテル \100,000前後
  • ラグジュアリーホテル ¥30,000~60,000
  • リゾートホテル ¥10,000~30,000
  • 市内ビジネスホテル ¥10,000前後
  • ホステル・ドミトリー ¥1,000~5,000

海沿いの高級リゾートホテルから1ベットお風呂やトイレが共有のドミトリーまでとにかく様々なタイプのホテルが沢山あります。高級リゾートホテルの中には、セブ市内まで無料シャトルバスの運行サービスなどもあります!

料金はシーズンやホテルの設備・立地によってかなり異なるので、ご自分のスタイルに合わせて選ばれるのが良いです。

セブ島の食事代は?

せっかく旅行に行くなら、美味しご飯を食べたいですよね!セブ島での食事代の目安が1日あたり約2,000円~

日本より物価が安く、ファーストフードやローカルの食堂などもあります。食事代を安く抑えたいとお考えの方には強い味方です!

朝食

ホテルの宿泊費に含まれていることが多いので、朝はホテルで過ごし朝食代を掛けないのも良いかもしれません。

セブシティにはオシャレなカフェも沢山あり、朝早くからオープンしていて朝食の提供もあります。180ペソ~300ペソ日本円で480円~800円前後で食べられます。

昼食

中華系ファーストフードからフィリピン料理まで、ランチに食べたい料理で迷うかもしれませんが、高級ホテル内のレストランではなく街中のローカルレストランであれば200ペソ~500ペソ日本円で530~1,300円前後で食べられます。

夕食

せっかくセブ島に来たならシーフード料理が食べたい!とお考えの方も多いのではないでしょうか?シーフード料理店の多くは大皿料理のため、シェアして食べるスタイルが基本です。

現地のビールが60ペソ日本円で160円で、4~5皿頼んでも1000ペソ~2000ペソ、3000~5000円前後に収まります。現地のローカル食堂となると、500ペソ日本円で1300円前後でお酒も美味しい食事も楽しめてしまいます。

セブ島での交通費は?

ビーチリゾート以外にも観光スポットが多数存在するセブ島ですが電車が無い島のため、観光客はタクシーが活用されています。1日あたりの交通費は1000円前後と計算しておくと良いです。

セブ島のタクシー初乗り料金は40ペソ日本円で80円、10分走行で100ペソ日本円で200円、60分走行で約500ペソ日本円で約1300円と運賃がとても安く、ビーチリゾートのマクタン島からセブシティまでがだいたい250ペソ前後日本円で約600円になります。

セブ島のタクシーは現金払いのみです。高額紙幣を出すとおつりが無いなど言われるケースもありますので、50ペソや100ペソの紙幣を用意しておくことをオススメします。

また、せっかく観光するならレンタカーを借りたいと考える方もいらっしゃると思いますが、東南アジア特有の縦横無尽に走り回る大量のバイク、荒れた路面など運転に慣れていらっしゃる方でも、セブ島での運転は危険です。

そこで、おすすめなのがドライバー付レンタカーになります。

ドライバー付で8時間約4,000ペソ日本円で10,000円。家族4人で1日観光と思えばかなり安いですし、観光地のダウンタウンエリアや自然あふれる山のスポットなど自由に組めるので観光帰りにディナーもしてホテルまで帰ってくるなど臨機応変に対応してくれます。

セブ島のお土産

物価がやすいので、お土産も安くローカルのスーパーやショッピングモールなどで選べば現地価格!会社や友達に配る用に沢山買うことを考えても3000円前後で計算しておけば良いかと思います。

おすすめのセブ島土産と言ったら、絶対に外せないのが「ドライマンゴー」1袋(100g)で100~112ペソ日本円で200~250円です。

マンゴーの変わり種として、チョコレートがコーティングされた「チョコレートドライマンゴー」もあります。ブランドによりますが、80~100gで114~200ペソ約300~500円なのでお土産には最適かもしれません。

フィリピンはバナナも有名です!

生のバナナを持って帰る訳にはいかないので、大人気のバナナチップスがおすすめです。1袋(100g)で45ペソ日本円で100円です。400g入りのボトルタイプも約140ペソ400円前後なので好きな方には最適です。

自分へのお土産としておすすめは、スターバックスの限定商品はどうでしょうか?

タンブラーやカップなど、ご当地物があるスタバ。セブ島にも限定のタンブラーやマグカップがあり、タンブラーが約800ペソ日本円で1600円

マグカップが約600ペソ日本円で1580円と、こちらも日本に比べると少しお安いです。

まとめ

ここまで、セブ島での旅費についてホテルからお土産まで調べてみました。セブ島は雨季と乾季のある島のため、雨季である6~10月は雨や台風の影響で料金が低く設定されています。

逆を言えば、乾季の11月~5月は過ごしやすい季節のため、高い料金が設定されています。高くてもベストシーズンに行きたい方、少しでも安く抑えたいから雨季でも構わない!という方も、自分に合ったプラン設計で思う存分セブ島を満喫してください!

(1フィリピンペソ=2.64円計算)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

セブ島在住者による観光ウェブマガジン

目次